初心者向け決算書の読み方

「パズル&ドラゴン」(以下、「パズドラ」といいます。)の大ヒットにより、パズドラを制作したガンホーオンラインエンターテイメン ト<3765>(以下、「ガンホー」といいます。)の時価総額は、一時的に任天堂<7974>を超えました。パズドラだけ(それ 以外でも利益を得ていますが、パズドラが主です)で任天堂を超えるなんて、スマートフォンゲームゲームはどれほど儲かるのでしょう?

同じくスマートフォンゲームの「魔法使いと黒猫のウィズ」(以下、「黒ウィズ」といいます。)で成功したコロプラ<3668>、これらのス マートフォンゲーム会社と、ドラクエやファイナルファンタジーで大成功したスクウェア・エニックス<9684>や、マリオで大成功した任天堂 のような従来のゲーム機販売の会社では、どのような違いがあるのでしょう?

スマートフォンゲーム業界の驚異的な利益拡大

下記のグラフは、ガンホーとコロプラの直近の業績推移です。それぞれパズドラや黒ウィズのダウンロード数に比例して売上と利益が急拡大しています。

まず、ガンホーについて見てみましょう。

【ガンホーundefinedダウンロード数と業績の推移】

【ガンホー ダウンロード数と業績の推移】


パズドラは2012年2月に配信開始されてから業績は急上昇し、約2年後の2013年12月には累計ダウンロード数が約2200万となり、2013年12月期の売上が1630億円、当期純利益は547億円となりました。

【コロプラundefinedダウンロード数と業績の推移】

【コロプラ ダウンロード数と業績の推移】


また、黒ウィズは2013年3月の配信開始から約9カ月で累計ダウンロード数が1200万となり、コロプラの2013年3月から12月まで9ヶ月間の売上は222億円、当期純利益は49億円となりました。

パズドラを発売する前の2011年12月期の決算では、ガンホーの売上高は96億円、当期純利益は16億円でした。たった2年で、ガンホーの売上は約17倍、当期純利益は約34倍となりました。

同じく、コロプラは2012年9月期の1年間の売上は50億円、当期純利益は7億円でした。1年間と9カ月の比較なので、単純比較はできませんが、それでも業績が急拡大していることが分かります。

このように、携帯ゲームは大ヒットすると会社業績が急拡大するほどのインパクトがあります。

 

カテゴリー: 金融・経済 | コメントは受け付けていません。