証券会社選び~押さえるべきポイント

株式市場において株式投資を行うには、証券会社を仲介して行う必要があります。現在日本には300社以上の証券会社がありますが、各証券会社から提供されているサービスは千差万別で、その中から自分の投資スタイルに適した証券会社を選択する必要があります。

選択する証券会社は1社でも構わないのですが、分散投資の意味でも複数の証券会社と取引を行うことが望ましいと思われます。

優先順位は人によって異なりますが、より自分に適した証券会社を選択する為に押さえておくべきポイントが幾つかあります。

押さえるべきポイント

投資を行う際には、自分の生活スタイルと照らし合わせた投資スタイルで行われる為、押さえるべきポイントも人によって内容も優先順位も異なりま すが、一般的にポイントとなるのは「取引方法」「投資商品」「手数料」「銘柄」「注文方法」「ツール」「サービス」などがあります。

取引方法

取引方法とは、「どんな手段によって取引を行うか」ということで、主に従来からある「窓口取引」「電話取引」と現在主流となっている「オンライン取引」があります。

それぞれ、メリット・デメリットがあるので、投資スタイルによって選択する必要があります。

投資商品

投資商品とは、日本株や外国株、国債、ミニ株、投資信託など、各社から提供されている金融商品のことです。

証券会社によって、扱っている商品が異なるので、希望の商品を扱っている証券会社を選択する必要があります。

手数料

数多くの比較サイトや雑誌などで最も比較されているのが「手数料」です。

手数料には、どんな種類があって、それぞれの手数料の金額と、自分の投資スタイルでシミュレーションをした際のトータルの金額を把握して証券会社を比較することで。より有利な取引が行えるようになります。

銘柄

株式投資は“企業”に対して行われるものです。つまり、希望する投資先企業の株券を扱っている証券会社で無ければ希望通りの取引をすることは出来ません。

その為、どの証券会社が自分の希望する銘柄を扱っているのかを把握する必要があります。

注文方法

証券会社が扱っている各種の注文方法も証券会社選びの重要なポイントの1つになります。

基本的に注文方法が多い方が有利にはなりますが、自分のスタイルに合致しているかを確認する人が居ます。

ツール

基本的には、各証券会社から提供されている「チャート」などのツールは無料で利用することができますが、中には登録者限定にしている証券会社の多くあります。

仮に、希望するツールが取引する証券会社には無かった場合には、ツール用の証券会社として登録することも快適な株式投資を行う方法の1つです。

サービス

キャンペーンや入出金サービス、モバイル対応など、各証券会社が投資家獲得の為に行っている様々なサービスも証券会社選びのポイントの1つになります。